fc2ブログ
DC扇風機が大変良く家で活躍している。
3年くらい前にDC扇風機を買った。それ以前はただのAC扇風機を使っていた。
重宝している機能の違いは以下のとおり。

1.微風を出せる←DC扇風機の特徴
 子供が生まれたときにエアコンの風では難しい体温の微調節に使用

2.真上を向ける
 室内干しの洗濯物をうまく乾かせる
 冬の暖房で部屋の上部にたまる熱をかきまぜる

3.リモコン操作
 ローラーに乗りながらはじめは中程度、途中から全開に切り替えられる
 最近は10分以上ローラーすることはないので生活用の風量で十分
 生活用とローラー用を兼用できるのでモノが減る

スポンサーサイト



2024.02.24 Sat l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲
ブレーキシューをフロントだけ買い替えた。

なんとなくフロントブレーキをかけたときの音が大きくなってきている気がした。
シューを見ると、金属片がたくさん刺さっていてリムをかなり削ってしまったようだ。
以前はときどきシューから金属片をえぐりだしていたのだが、最近は乗る機会も減り油断していた。
リムを触った感じではまだリム爆発はしないと思われる。
自分がリム爆発を経験したのは2006年くらいだったが大きな音がしたのをよく覚えている。

シマノパーツを買うときに以前は安く買えるサイトがあった気がするが忘れてしまったのでアマゾンで。あまり良く考えずに頼んだらシューだけでよかったのにカートリッジごと届いた。取り替えてシューの位置を調整した。リムとの相対位置や角度はわりと自由度があるが体が覚えていてすぐにできた。ブレーキがよく効くようになり、自転車がきびきび動く気がする。自転車が3年若返ったような気がした。また自転車に乗ろうかという気を起させるのに大変コスパがよい。

ところでカートリッジの下側についているフィンみたいな突起とねじの機能が何か思い出せなかったし、見ても何か分からなかった。
2024.02.18 Sun l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲
お金の向こうに人がいる

経済の話を専門用語を使わずにやさしく解説した本。
要点
・お金で測られる経済価値と受け取る効用は関係がない。
・お金とは見知らぬ人に働いてもらうための権利
・お金は働いてくれる人がいないと価値がない。
・経済の目的は無人島での助け合いの延長。
・お金で解決できるのは配分の問題だけ。総量は変えられない。
・お金があっても働き手がいないと役に立たない。
・将来不安を解決するには社会全体で子育てして働き手を確保する。
・助け合いの発想がなくなってきて親の負担は増える。

感想
無人島での助け合いの例えが分かりやすかった。経済とは大きな無人島にいるということ。自然資源と働くことが原資であり、お金はそれらを回すだけ。お金に換算できないものを含めたミクロな労働のうち、子育ては確かに代表的なものだろう。働いてさえいればあとはうまくシェアすればよい。インターネットの貢献は大きい。日本の勤勉な国民性というのは心強い。

ところで、自転車などの趣味を楽しむことは無限に効用を引き出す魔法に見える。スポーツ観戦で勇気づけられるというのも似ている。部活動は効用を感じるチャネルを増やすのによい仕組みに思える。しかし特にマイナースポーツでは経済価値を生み出しにくい面がある。効用があるからよいではないか、とはならない。やはり大富豪のパトロンが必要か。ミクロな労働、ミクロな効用をもっと見える化できればよいのに。
2024.02.11 Sun l 本・論文 l COM(0) TB(0) l top ▲
ヤマハのチャイルドシート付き電動自転車の前乗せのチャイルドシートをやめて後ろ乗せのタイプに取り替えた。ハンドル周りが軽くなったので自転車が一気に軽くなったように錯覚して気分も軽くなった。この手の錯覚は積極的に利用していきたい。

なお、買った自転車屋さんは家から徒歩圏内にあって、かごの乗せ換えとチャイルドシートの取り外しと取付を工賃を見ずに全部やってもらった。結果5千円くらいだった。互換性のアドバイスをもらえたし、それなりの在庫があり、ぱっと決めてその日中に作業してもらえてすべて済んだので、リーズナブルで納得感があった。良いサービスにちゃんと払えて店の持続性を感じられてよかった。
2024.02.01 Thu l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲