fc2ブログ
左のSTIのカバーが裂け始めたので外した。
カバーだけ買い直すことも考えたが、たいして走りに影響しないのとSTI を一旦外してバーテープを巻き直すのが面倒でそのまま。

自転車は2016年に通販したキャニオンで8年目と長い。
きちんと組み付けられていた。基本的にそのまま。
大きいトラブルは一度リアのシフトワイヤーが切れてショップで直してもらったくらい。
走行距離を足してみたら1万キロくらいと少ないが長持ちしている印象。

たまに乗ると自転車がよく進むのを感じる。
何と比べて進むのだろうか。
8年以上前の感覚が残っているとも考えにくいが初期の頃の記憶は粘り強いのだろうか。
今一番乗っている子供を乗せる用の電動自転車だろうか。

スポンサーサイト



2024.04.24 Wed l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲
去年初めて人力車に乗る機会があり、家族で楽しんだ。
歴史をwikipediaで調べると、来日したアインシュタインが乗車を拒否した話が印象的だった。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/人力車

人力車の現代における価値はコミュニケーションが主眼である気がした。
必然的に電動化が考えられる。
いくつかの試みがあるが量産には至っていなさそうである。
https://rief-jp.org/ct12/75962
http://www.iks.ecnet.jp/dendouasisuto_jinrikisya.html

最終的に自作の方向にたどり着いてしまう。
https://amzn.to/3xw3wvt

コミュニケーションを重視するなら、確かに電動自転車に座席を引かせればよい。
しかし何かが違う。
目線の高さだろうか。であれば背の高い座席を引けばよいだろうか。
2024.04.10 Wed l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲
https://x.com/hillbig/status/1767307113901298034?s=20

モデルのことは分からないが純粋に子供が圧倒的な速度で言語を獲得し出来事を記憶しているのを実感する。子供が生まれた時にGoPro Hero5 sessionを付けて赤ちゃん目線で何を見ているか記録しようと思ったが、これでも重いのとそれどころではなく、気が付いたらだいぶ大きくなってしまった。これくらいの小型カメラがよかったかもしれない。
運動の獲得も同様で、やはり刺激の量が発達を促すような気はしている。
2024.04.03 Wed l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲