fc2ブログ
3/31

一夜明けたゲント。同じベルギーのKortrijk(コルトレイク)という町で12時スタートのロードレースを観るために別れの握手を交わして早めにユースを出発。これは準プロツアーレースで春のクラシックシーズンの幕開けを意味し、またツールドフランドルの前哨戦として有力選手もかなり出る。
http://www.e3harelbeke.be/index_e3.html
とりあえずレースが観たくてドイツベルギーオランダあたり調べてたらちょうどヒットした。最近はご当地ボーネンが3連覇中らしい。
そしてブリュッセル23:41発→ハンブルグ7:12着の夜行に乗って帰還の予定。なので時間はたっぷりある。
迷路のような街にもすっかり慣れて駅に着き、輪行。コルトレイクまではちょっとなので今日は乗り放題を使わず普通運賃を払う予定。で実際に払う。5.8€。

実のところ、コルトレイクまで来たはいいがスタート&ゴール地点のHarelbeck(ハレルベック)という場所がどこなのかわからない。駅員に聞いてもわからず。ってか現地人なのにレースの存在を知らなかった。そんなもんなのかな。で、そういえばさっき電車でハレルベックという駅を通り過ぎたことを思い出した。どうやら二駅手前。電車で戻るには接続が悪い。走って行こう。

輪行を解くと、いきなりCSCキター!
DSC00136.jpg

ちょうど泊まっていたと思われるホテルからできてたところでわやわやとチームカーに乗り込み行ってしまった。
そっちの方へ追いかけていったらあとからCSC一匹走っていった。さては寝坊しておいて行かれた下っ端選手か。このままふらふらと進むのはあまりにも危険なので通りかかりのおじさんに聞く。がちょっと戸惑っている様子で連れのおばさんに一言二言。どうやら英語が若干苦手のようだ。ベルギーオランダは英語が通じると信じていたのに。。まぁお互い片言の英語の方がむしろしゃべりやすいや。左に曲がって右に曲がって幹線道路にでたらひたすら進むと5キロくらいで着くよ、とのこと。
指示通り走るとローディーが一匹現れていかにもこれからレース会場に見に行きますよ的なオーラを出していたので保証はないがついていく。

それらしき広場に到着。アスタナ!
DSC00145.jpg

なにやら関西弁が、と思いきややっぱりいたスキルシマノ!写真撮ってもらちゃった。廣瀬選手と。日本人は他に関西弁のマネージャーとストックモードの狩野選手。プロっぽく大人数でアップしに行ったのにくっついてみたもののあっさりとちぎれた。
20070805214639.jpg

子供たちに混じって選手にたかる。彼はたぶん白い歯がまぶしいボーヘルト。
DSC00165.jpg

大量のLightWeightに発狂~!
DSC00208.jpg

みんなスタート地点に向かいます。
DSC00171.jpg

主にチームカー付近の準備地帯で構える者とスタート地点で構える者とがいるらしい。レース自体はよくわからないうちにあっちの方でスタートした。
DSC00214.jpg

スタートして観客もまばらになるとキッズのイベントが始まった。自転車の国ベルギーならでは。やっぱり育てるということは大事だね。工事現場のコーンの上のボールを取ってもう一つのコーンに乗せたり、ボトルを片手で取ってポールの回りを一周したりバランスを養うものが多かった。
20070805221515.jpg

今度はジュニアのレースがスタートした。一人大逃げ、少数追い集団、メイン集団といった具合。今日逃げた彼は果敢な走りできっとビッグになるに違いない。
DSC00249.jpg

200㎞を超えるレース。いろいろイベントはあったけどゴールまではやっぱり暇だ。ハンバーガー食ったりチームの出店で物色したり今後のコース考えたり大画面に中継される展開に見入ったり。ベッティーニ、苦しい石畳でアタックしおいそれを引き離し始めたところでパンク!ついてないねー。そしてヘリとともに彼らがゴールへ戻ってきた。
20070805222144.jpg

最後に逃げた少数集団でのゴールスプリントの末ボーネンが貫禄勝ち!観客の興奮は最高潮に!!ひゃっほ~
20070805222947.jpg

続々と選手がもどって来る。メカトラで途中で交換した壊れた自転車を回収して担いでチームカーに戻る者も。撤収中のゴールスプリント現場を逆走しつつ会場を去った。
さてあとは適当な方法でゲントに戻って深夜までにブリュッセルにつければいい。時間があるのでゲントまでは走ってみることに。コルトレイク~ゲントは国道がどーんと走っていてわかりやすい道のはずだった。道路標識に"Gent"の文字が見えた瞬間行けると確信したがまもなく広い道幅全体にわたって工事中となり完全に通行止めになっていた。人に聞くと川が国道に並走していてゲントまでいけるとのこと。"Beautiful cycling road"の一言にテンションアップ!
しかしながら逆風の中意外にしんどい道だった。
20070805231721.jpg

マウンテンに揃って乗っている家族を見かけたと思いきやちびっこにアタックをくらい、しかも向かい風をもろともしない彼にちぎられてしまった。ベルギー恐るべし!
まあちぎれたらちぎれたでまったりサイクリング♪
20070805232124.jpg

町中も走りやすいよ。
DSC00298.jpg

ショップ発見!閉まっている店の前でガラス越しに中を観察しているとおっちゃんがやって来て「ほぅ今日のレース見に行ったのかい。僕はテレビで見てたよ。ボーネンボーネン」みたいなことをしゃべった。オルベアの最高級フレーム"Orca"が2340€。出発のときにおじさんから聞いた感覚的には1€=100円換算しないとやってられない。食品系は確かにそんな感じだ。とするとすると、オルカ安いよ泣
DSC00307.jpg

八時近くなってさすがに薄暗くなってきたのでゲント目前にこのへんで電車に乗るとする。ブリュッセルまで9.1€。
DSC00308.jpg

夜の街は不気味なくらい静か。
DSC00309.jpg

そして駅構内のお店で奇跡のベルギービールを発見!330ml瓶がほとんど0.9~1.2€なんだぁ爆 うっとりしてたらもう店閉めるから買うなら早くしてーと言われてしまった。おじさんへのお土産にビールたくさんとチョコレートを買っていく。
20070805233833.jpg

夜行の指定席には寝台A、寝台B、座席みたいなランクがあり当然一番安い座席を選んだ。が、三列のシートに自分しかいなかったので横になる。

今回の旅の前半戦が終了した。もっともエキサイティングな部分が終ったと言ってもいい。不安もありつつ精一杯動いた。


<ドイツレポートトップへ>
スポンサーサイト




2007.03.31 Sat l 旅行 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ghisallo.blog69.fc2.com/tb.php/169-c8f9fc7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)