fc2ブログ
お菓子作りは難しそうだが、プリンは甘い茶碗蒸しであると聞くと不器用でもできそうな気がした。そして案外うまくいった。
電子レンジを使ったレシピを参考にして、若干膨れ上がるところまで保持したため、多少中に巣ができてしまった。
卵の固まる温度からすると、全体を80℃以上で、かつ高いところでも沸騰しない温度に保持できればよさそう。今回は卵をそのまま使ったが、黄身の方が固まり始める温度が低いので、黄身の割合を多くした方が作りやすそうだ。
ちなみに砂糖を入れるほど卵の固まる温度が上昇し、硬度が下がる(なめらかになる)らしいが、数℃とわずかである。

巣と言えば鋳造で、これは冷える途中で固まる点でプリンとは逆だが、外側から固まっていく点で同じである。複雑な形状にすると、プリンでは細かい部分が先に温まって固まるものの、沸騰しないように温度をゆっくり上げていけば問題なさそう。

ところで、卵は加圧するだけでも固まるらしい。加圧食品もいろいろあるようだ。と思ったら、圧力鍋でプリンというレシピが出てきたのでこちらも試したい。
スポンサーサイト



2020.05.06 Wed l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ghisallo.blog69.fc2.com/tb.php/2516-dceba6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)