fc2ブログ
いろいろパーツを取り替えてカスタマイズして元のパーツがなくなったとしても、そこには概念みたいなものが残るという話を聞いて、かつて自転車がそのようになっていたのを思い出した。最初のロードはtiagra組で少しずつ105のパーツを買ったりハンドルやステムやサドルを買っていきフレームだけが残った。自転車の場合はフレームが変わったら違う自転車という感じはする。

ところで先日サークルの50周年の集まりがあった。人は入れ替わるが少し踏み外したような自転車熱は全年代を貫通している気がした。無茶な状況を切り抜けた経験を思い出すと、たいていのことはなんとかなるように思えてきて、何事もがんばろうと心持ちを新たにした。
スポンサーサイト



2024.03.11 Mon l つれづれ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://ghisallo.blog69.fc2.com/tb.php/2768-af368b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)